迷ったら留学!カナダ・トロントで出会った一生忘れたくない3つの言葉

シェアする・後で読む♪

こんにちは、カナダ保育士&大学院生ブロガーのYuri@The_Yu_Expressです!

以前の更新からかなり久しぶりとなってしまいました笑。

最近の私はというと、大学院での生活もとても充実しています!

最近では日本でも保育者として保育実践に携わる活動も始めたので、いずれはそこで感じたこともこのブログでシェアできたらと思っています(*^^*)

今回は、今までの投稿記事のようなノウハウやライフハック的記事ではなく、

私がカナダ・トロントに留学していた頃(2014年1月〜2016年9月)に、留学先で出会った人との交流の中で、私の中でとても印象に残った素敵な言葉、

更に言えば、

「私が留学先で出会った、一生忘れたくない言葉」についてシェアしたいと思います。

私は2年7ヵ月間トロントに留学して、様々な経験をして、心から良かったと思っています。

だからこそ、もし、留学をしようか迷っている方がこの記事を読んでくださっているとしたら、私は背中を押したい。

もちろん、留学するかしないかを最終的に決めるのは「自分自身」ですが、

この記事を読んで、留学に一歩踏み出す勇気をおすそ分けできたら嬉しいです(*^^*)

忘れたくない言葉たちは沢山あるのですが、その中で今回は、TOP3をご紹介します!

SPONSORED LINK

「知識や経験はその人だけのものであり、誰も奪えない」

これは、私がECA(ECAについて詳しくはこちら)を目指してトロント市内のカレッジに通っていた時、実習先で出会い、保育実践を指導してくださった先生の言葉です。

この先生はとても勉強熱心な方で、当時52歳だったにもかかわらず、既に学士の学位を持っていながら、仕事をしながら大学へ夜間の授業に通い、第二学士取得を目指す現役大学生だったのです!

そして、高校生の一人娘を持つ、子育て中のお母さんでもある、とてもバイタリティ溢れる方です。

タイトルにはその言葉が全て入り切らなかったので正確にご紹介すると、

「勉強をすると、脳が活発(active)になる。

それによって得られた知識や経験は、その人の頭の中だけに残る。

そして、その知識や経験は、誰も奪うことができない。」

これを聞いた時、「なるほどー!」と思いました。

「勉強をする」という行為に対して得られることに、私は、

①知識を習得すること

②思考力のトレーニングをすること

だと思っていますが、

この①と②を行うことで脳が活発になるということは、やはりあると思います。

また、勉強すればするほど頭の中に知識は蓄積され、その知識は本人の頭の中にあるものだから、

自分もその知識を身に付けたいなら、自分自身が勉強して身につけるしかない。

つまり、「努力して勉強した人だけが、その努力した分だけ、その分野のプロフェッショナルに近づける」ということ。

勉強によって脳が活発になり日々のパフォーマンスが上がり、努力して勉強した人だけが、その努力した分だけプロフェッショナルになっていける。

先生のこの言葉に、先生の「生きることに対する姿勢」を見せてもらった気がします。

私にとってこの言葉は、プロフェッショナルになるべく、日々の勉強や研究のモチベーションとなっています。

SPONSORED LINK

「時間を効率的に使えば、何だってできるのよ」

次に、2つ目の言葉です。

実際に言われた時の英語での言葉は、

“If you use your time efficiently, you can do anything.”

です。

この言葉は、カナダに着いてすぐに通い始めた英語学校で、進学アドバイザーをしていた方の言葉です。

この方もとてもエネルギッシュな方で、当時31歳で8歳の娘さんを育てるシングルマザーでありながら、お仕事もして、

更に、夜間にカレッジにも通う学生さんでもあった方です!

お母さんでありワーカーでもあり学生さんでもある、三足のわらじを実践されている、本当に尊敬する方。

しかも、ちょうど私が晴れてトロント市内のカレッジに入学する時、彼女はなんと、トロント市内の大学院の修士課程(夜間の課程)に入学しました。

それも、お仕事を辞めずに働きながら!超多忙生活です。

この言葉は実は、この方の大学院の修士課程への入学オリエンテーションに同行させて頂いた時、この方の運転する車中で話してくださったものです。

英語学校で見ていた彼女は、いつも忙しそうにしていた。

でも、娘さんといる時もお仕事中も、お会いする時、いつもイキイキしているように見えた。

この「時間を効率的に使えば、何だってできるのよ」という言葉もまた、

子育ても仕事も学業も同時にこなす彼女の生き方を表している言葉だな、と感じました(*^^*)

「夢を追いかけなさい」

3つ目の言葉です。

これを言われた時の英語での言葉は、

“Yuri, follow your dream.”

です。

これは、今回ご紹介した一つ目の言葉をかけてくださった、カレッジでの実習先で出会った先生の言葉です。

昨年、2016年の9月、私がカナダ・トロントでの幼児教育留学を終え、日本へ帰国する時にこの言葉をかけてくれました

人生、生きていれば、様々な困難が降り掛かってきます。

それも、意図せず、突然起こってしまうこともあります。

夢を追いかけていても、追いかけていなくても、どちらにせよ、降り掛かってきます。

夢を諦めれば、夢は叶わなくとも、安泰だ、ということにはならない。

夢を諦め、安泰だと”思っていた”先でも、困難は降り掛かってくるだろうし、それが人生だと思います。

それなら、夢を追いかけたほうがいい。

その先生は、カナダに移住し、市民権を取得した移民です(カナダは移民が多い移民国家)。

その先生のこれまでの人生を聴かせて頂いたことがあるのですが、困難、逆境の連続で、それは壮絶でした。

でも、今の先生(54歳)はとても幸せそうに、お仕事をしながら大学生の娘さんと暮らしています。

絶対に諦めることなく、苦難を乗り越えたから、今の先生がいるんだ、と先生の笑顔を見て強く思います。

私もこれまでの人生、

日本での大学卒業→カナダへ留学→トロントのカレッジ進学→トロントでECAとして勤務→日本へ帰国し大学院進学ときていますが、

この言葉を胸に、

これからの人生でも、やりたい事に貪欲にチャレンジしていきます!

留学先で出会った人、経験、言葉は一生の宝物になる

今回は、私が留学先で出会った、印象に残った一生忘れたくない言葉をご紹介しました。

もう一度ご紹介すると、

・「勉強をすると、脳が活発になる。

それによって得られた知識や経験は、その人の頭の中だけに残る。

そして、その知識や経験は、誰も奪うことができない。」

・「時間を効率的に使えば、何だってできるのよ」

・「夢を追いかけなさい」

です。

そして、これらの素敵な言葉をかけてくださったのは、

人としてもとても尊敬する、魅力溢れる素敵な方々でした。

これらの言葉は一生忘れたくない言葉ですし、ここでご紹介した他にも、

留学先で出会った忘れたくない言葉はまだまだ沢山あります。

この記事を最後まで読んでくださった全ての方へ、ありがとうございました!☆

そして、留学をしようか迷っている方へ

最終的に留学を決めるのは、あなた自身です。

ですが、留学をすると、言語や食生活や住環境など、多くの環境ががらっと変わり、様々な経験を得ることができますし、留学で得た経験は、全て、後の糧になります。

私は、留学をして本当に良かったと思っています。

この記事を読んで、留学に一歩踏み出す勇気をおすそ分けできたら嬉しいです(*^^*)♪